top of page

Recent Updates

CLIFF GAROでの個展開催

時々、比屋根までクリフさんのビールを買いに行っていたが、暫く行かないうちに、新しくお店を開くらしいという噂を聞いた。

行ってみたいなと思い立ち、調べてみたら高原に新店舗は既に開店していた。でも、その日は日曜日で、営業が19時までだったので、この時は行くのを断念した。

その後、インスタを見るようにしていたら、5月1日にヤンバルでさくらんぼを収穫したことが出ていた。5月末には、さくらんぼのビールをリリース予定とのこと。

寒緋桜のサクランボは、私も毎年、泡盛やいいちこに漬けて果実酒として楽しんでいる。これはもう行かねばと思った。

cliffサクランボ.jpg

5月12日にお店を探して瓶ビールを買いに行った。佐刀大地さんの個展が4月14日までで終わってしまっていたが、一点だけ残して飾ってあった。グリーングレーの壁によく似合っていた。

6月2日に妻と、さくらんぼのビールを飲みに行った。壁には前に来た時と同じ、佐刀大地さんの絵が一点とクリフさんの小品の絵が2点飾ってあった。

そこで、クリフさんから「平良亜弥さんがここで個展をすることになった」と聞いた。

さっきまで、この格好良いグリーングレーの壁には、自分の作品だったら、おそらくBOXのシリーズ(1983年)が似合うだろうなと妻と話していた。

亜弥さんの個展の話を聞いて、思わず、自分も開かせてもらえないかと売り込んでしまった。あっけないほど即答で了解していただけた。

その日の夜、ちょうど平良亜弥さんからLINEが来たので、自分もクリフガロで個展をすることになったと伝えた。

IMG_3613.jpeg
Box83-5.jpg
IMG_6774.jpeg

6月22日から平岡昌也さんの個展「うんう(雲雨)名もなき樹」が始まった。蓄積された時の豊さを感じる良い展示だった。

自分の個展の位置付けを再考しなければと思った。

個展を開かせてもらえないかとお願いした動機は、単純にこの壁面にBOX作品が似合うだろうと思ったことだった。

でも、旧作を順序よく展示していきたいという思いは、以前からずっと持っていた。私は退職記念展を開催していない。

2019年3月に37年間勤めた琉球大学を定年退職した。

2012年に名古屋の葵倶楽部で個展を開いていて、これが結果的に沖縄在住30年の振り返りになったので、特に退職時に記念の展覧会を開催する必要性を自分自身の問題としては考えなかった。

また、自分でも全く予期していなかったことだが、定年退職の1年ほど前に突然、ポジャギを縫い始めることになってしまった。

そして、これが今後の作品展開の重要なものになるという予感があり、展覧会開催より制作の方を重視することにした。

結果、退職記念展を開かなかった。

DSC_0265.JPG
IMG_3339.jpeg

愛知県立芸術大学の同窓で、大分大学に勤めていた久間清喜さんは、私と同い年だが、彼は退職記念展を開いた。それを、先輩で愛知県立芸術大学の教員でもあった山本富章さんがわざわざ大分まで観に行ったという。

「沖縄まで行くつもりだったのに、永津は退職記念展を開かなかったのか」という山本富章さんの問いに、葵倶楽部個展のこと、ポジャギのこと、大学にギャラリーが無いことを伝えたら、「そういうものではないだろう」と小言を賜った。

退職にあたり、これまでの仕事をまとめて見ていただくのは「義務」とお考えのようだった。

ある意味、尤もなご意見なので、自分のHPを作り、これまでの仕事を誰でも閲覧できるようにした。

2022年12月に、前田比呂也さんが「前田貝揃案」の展示「貴方を愛する時と憎む時」を山元恵一旧アトリエで開催した。

13日に伺った際、私の初期テンペラ作品が山元アトリエの石壁に似合うのではないかという話になり、17日にその作品を持って再訪した。

予想通り、石壁と作品の相性は、ピッタリだった。

その日ちょうど、喜屋武千恵さんも観にいらしていて、写真を撮るとき、石壁のところに作品を支えてもらった。

2週間ほど前の12月4日に、喜屋武さんの「赤土を使った絵具作りWS」に参加したばかりだった。

そこで赤土で作った絵具を使っての試作で、膠で溶いた絵具を和紙に染み込ませた瞬間、初めてテンペラ絵具を自製して使用したときの昔の記憶がありありと蘇った。

その喜屋武さんに、その初めてのテンペラ画を支えてもらっていることが何とも不思議だった。

このとき、前田さんは山元恵一旧アトリエでの私の展覧会開催を勧めてくださった。

退職記念展も最終講義もしていないので、この初期テンペラ画の展示を回顧シリーズ展の第一回目として、以降、順次開催し、各時代の作品について話をする機会を設けても良いのかなと思った。

しばらく考えたが、山元恵一旧アトリエと自分との接点はさほど無いので、初期のテンペラ作品との相性が良いというだけでは、このようなシリーズを続けていくのは難しそうに感じた。

IMG_1889.jpeg

BOXシリーズを制作したとき

クリフガロの壁面がとても素敵だったので、勢いで、昔のBOXシリーズ(1983年)を展示してみたいと言ってしまったが、改めてこれを展示する意味を考えなければならないと思う。

過去の作品を順次テーマに沿って公開していくとすれば、1983年のBOXシリーズの位置付けはどうなるのか。

a4.jpg

1983年の4月、沖縄に来て1年経った時、私は那覇市久茂地にあった県民アートギャラリーで、永津禎三絵画(1976-1983)展を開いた。

大学4年次(1976年)から琉球大学赴任後1年までの7年間の作品から選抜した85点を展示し、まずは自分がどういう作家かを観てもらおうと思った。

そこに、宜野湾市にあった画廊喫茶「匠」の宮島都紀夫さんが来てくださり、「匠」での個展を誘ってくださった。

「匠」はこの後、1986年から自主企画運営画廊に変わり、私はそこの企画担当になるのだが、そのことは別にまとめてあるのでそちらを読んでいただきたい。

BOXのシリーズはその画廊喫茶「匠」で、この年11月の個展に出品した作品だ。

この個展は県民アートギャラリーでお披露目した以降の新作だけで臨んだ。

テンペラのタブロー以外に、沖縄の土を使った絵具の水彩画、浮世絵を使ったコラージュなどと一緒にこのBOXシリーズも並べた。

タブローに収斂していく以前の私の様々な興味を観てもらいたいと思った。

沖縄に来て、初めて住んだのは宜野湾市の外人住宅だった。近くに、米軍払い下げの店がいくつもあって、これは何に使うんだろうと思う不思議な形の道具や小物が売られていた。

東京での展覧会に参加したときは、京橋にあったフライフィッシングの材料屋に入り浸った。鳥の羽根や翼、動物の棘などを売っていて、どれも綺麗で見飽きなかった。沖縄で身近に生えている植物の形にも興味を持った。吊るしたり瓶に入れて乾燥させ、海岸で拾ったサンゴや漂流物などと一緒にコレクションしていた。

こういったものを、やはり米軍払い下げ屋で安く買ったスチールチェストに収めていて、1年でほぼ満杯になってしまっていた。

こんなタブローになっていくフォルムの源泉のようなものを、そのままBOXに収めてみようと思ったのだが、実は、このBOX作品で一番重要なのはベースになっている暗緑色の和紙なのだ。この紙がなかったら、BOX作品を作ろうと思わなかった。

 

この暗緑色の和紙は、樹脂テンペラの絵を描くために下地処理したものだ。樹脂と乾性油、揮発性油の混合メデュームで油絵具をゆるく溶き和紙に染み込ませ、その上から樹脂テンペラの白を薄く被せてある。調製の仕方を教えていただいたのは田口安男氏である。初めて作ったときに、染め上げられているようなその発色や風合いに魅了された。

しかし、作りながら紙に油絵具を乗せて大丈夫なのだろうかと心配にもなった。パルプを主成分にした紙であれば、油絵具の展色材である乾性油で酸化し、黄褐色に焼け、時間が経過すれば朽ちてしまうのだが、ドーサ引きされた和紙やサイジングされた水彩紙なら大丈夫ということらしかった。

この下地処理した和紙の上に、集めていたコレクションを置いてみたら、とても美しくそれぞれを引き立て合っていた。それでBOXに配置収納して作品にしてみようと思った。

とは言え、保存性に疑問の残る、油絵具で染めた和紙、鳥の羽根や乾燥した植物などが組み合わされたものたちである。どれくらい作品として変わらず保存できるのか、とても不安だった。それで、個展では全て非売にした。

個展の前に7点、個展が終わった後1点を制作したのでBOXシリーズは合計で8点になる。2点は移動中に落とすなどして物理的に壊してしまったが、6点のBOXは、40年経ったけれど、ほぼ制作時と変わらない状態で今も手元にある。

IMG_7237.jpeg

テンペラ、ことはじめ

BOXシリーズのベースに用いることになった暗緑色の和紙は、1983年7月、琉球大学美術工芸科のテンペラ画法集中講義を担当してくださった東京藝術大学の田口安男教授に調製の仕方を教えていただいた。

それまで6年間、私はテンペラ絵具で絵を描いてきたが、その技法は完全に独学だった。

大学4年生の時、1977年に西部美術館で観たフンデルトヴァッサー展で、「テンペラ絵具」というものを初めて知った。

ちょうど、卒業制作の終盤だった。アクリル白や水彩、チョークでエスキースを制作している時は活き活き描けていたのに、キャンバスに油絵具を使い出すと全く上手くいかない。スランプだった。油絵具の乾燥速度と私の制作速度がまるで噛み合わなかった。乾燥が早くてもアクリルカラーはそのビニールっぽい発色が嫌いだった。

フンデルトヴァッサーの絵を観て、これだと思った。

HW1977.jpg

卒業制作が終わり、大学院に入る前の3月から、技法書を頼りにテンペラ絵具の調製、下地作りを試みた。まだその頃はほとんど情報がなく、周りに誰もテンペラの技法を知る人は居なかった。4月になっても大学院にはほとんど行かずに家に篭って絵具の試作を続けた。

いろいろな技法書を調べても、ほんの数行の記述しか無く、それもかなり不確かなものだった。

フンデルトヴァッサーはウィーンの作家なので、その絵具は樹脂テンペラ絵具らしかった。ドイツに留学歴のある脇田和のエッセーが参考になった。

顔料も今のように瓶入りの製品は販売されていなかった。東京上野の浦崎画材など限られた店でしか購入できなかった。

テンペラ・メデュウムの調製は失敗続きで、メデュウムと顔料を混ぜ合わす時、酷い時は卵水の中に油絵具の塊が出来てしまうほどだった。

楽士.jpg

それでも、4ヶ月ほどの試行錯誤を通してなんとか作品を制作できそうなところまで準備できた。

時間をかけて作り上げた雪華石膏を膠で溶き、和紙を貼り込んだ麻布に地塗りした画面は、吸い付くほどきめ細やかで美しい下地になった。

テンペラ・メデュウムは全卵とシッカチーフ・ド・ハーレムを攪拌したマヨネーズ状のもの。このメデュウムを水練りした顔料と混ぜ合わせ絵具とした。

雪華石膏のきめ細やかな下地に、自製したテンペラ絵具を置いた瞬間の、スッと吸い込まれるように定着した絵具の美しさを、今でも忘れることはない。

その一筆一筆に、驚きと感動があった。

そうして出来上がったのが2点の作品(2点同時に試行錯誤しながら制作を進めたので)、〈聖者〉と〈楽士〉である。

思い返してみると、テンペラ技法を独学で獲得したことは、得難い経験だった。もちろん、6年後に琉球大学の集中講義で学生と一緒に田口安男氏から「樹脂テンペラと油彩の混合技法」を学んだ経験も得難いものではあるが、技法書の不確かな記述だけを頼りに、失敗を繰り返しながら試行錯誤を経て独自の技法を獲得したことが、私の画家としての起点となったのではないかと思う。

〈聖者〉と〈楽士〉は描き終わってすぐに、昭和会(日動画廊)の予備審査に出品したら入選してしまい、翌年1978年の第13回昭和会展に招待されることになった。

まだ、作品のスタイルも固まっていない、どんな絵をこれから描いていくのか自分でも分からないような状態だったが、楽しみながら昭和会展に向けて制作した。

かなり初期ルネサンスに影響されてしまったが、金箔を用いた〈堕天使〉と、その年の年賀状として手書きしたタントラ風の〈5枚の年賀状〉は、やはり、テンペラ絵具に導かれ驚きを持って制作した思い出深い作品である。

堕天使.jpg

回顧シリーズ展の「ことはじめ」にできれば

始まりは、BOXシリーズを展示してみたいという素朴な動機だったのだが、このように展示する意味を再考してきたら、このクリフガロでの展示は、回顧シリーズ展の初回と位置付けるべきだと思うようになった。

そこで展示すべきもの…、まずは、画家としての意識の起点となった、独自に獲得した初期テンペラ技法の作品たち。

これが最初の「ことはじめ」

最初から展示するつもりだったBOXシリーズについても、改めて考えてみた。

沖縄での生活を始め、その時出会った様々なモノたち。そして、「樹脂テンペラと油彩の混合技法」という新たな技法で出会った特別な和紙。その下地処理による発色や風合いの魅力で、これらを一つにまとめてみたくなった作品たち。

テンペラ技法による新しい展開を始めた、次なる「ことはじめ」

そして、何と言っても、このような回顧シリーズ展を開くべきと思ったきっかけを考えなければいけない。それはやはり、退職記念展を開かなかったことにあるだろう。

もしも、退職の間際にポジャギを突然縫い始めなければ、退職記念展を開こうと思ったかもしれない。

ポジャギは、自分にとっても全く予期していなかった「ことはじめ」である。

ポジャギを突然縫い始めなければ、退職後の生き方さえ、随分違った形になっていただろう。

そして、今回のクリフガロでの個展が、本当に、回顧シリーズ展の「ことはじめ」となれることを願っている。

IMG_9807.jpeg
bottom of page