top of page

PAPERS

「三分割された御後絵」の王は誰か

私家版 2024年6月7日臨時発行(未完)

「忍ぶずり」を妄想する

私家版 2024年5月27日発行

〈桃色地小紋文様紅型木綿衣裳〉空間性の考察

私家版 2024年5月16日発行

緊急鼎談〈返還された御後絵をめぐって〉 「録画」と「配布資料」

2024年4月1日琉球大学教育学部本館棟538室で開催

国宝〈水色地菱繋ぎに松梅楓鳥模様衣裳〉紅型制作手順の考察

私家版 2024年3月13日発行

首里城正殿龍柱残欠の見学会 「録画」と「配布資料」

2023年12月13日沖縄県立博物館・美術館 博物館会議室で開催

琉球新報記事〈「大龍柱」永津氏寄稿について〉に係る「経緯」と三つの「自家版小冊子」

首里城正殿大龍柱問題 Ⅰ. 沖縄の学術はここまで歪められた Ⅱ. 研究者としての矜持を

「時の眼ー沖縄」批評誌 N27 第10号 2022年10月27日

首里城大龍柱 技術検討委員会への指摘(上)(下)

印刷用 

琉球新報 2022年3月15日, 16日

「首里城大龍柱、何でも質問どうぞ!」【動画配信】

Part 1

Part 2

Part 3

「琉球美、造形研究会」第1回定例研究会 2021年12月19日 西村貞雄氏と共に発表

「琉球史ムラ」が首里城を穢している

「時の眼ー沖縄」批評誌 N27 第9号[復刊号] 2021年12月25日

絵図の「読み」とは何か − 首里城大龍柱の向きを考える(上)(下)

沖縄タイムス 2021年9月15日, 16日

絵図だけでは、「大龍柱は横向き」の根拠にならない − 歴史学の基本認識を欠如した「技術検討委員会」

自費出版 2021年6月25日発行

首里城正殿 大龍柱を考える 第3回:絵図とはどんなもの【動画配信】

令和2年度那覇市石嶺公民館オンライン市民講座 2021年4月

絵図とはどんなものなのか 大龍柱を考える会 公開講演会 講演記録

自費出版 2020年11月14日発行

主体性回復への道 首里城再建を考える(3)絵図は向きを示さない

琉球新報 2020年10月1日

彫刻の変容 ー 美術理論・美術史基礎演習 Vol.5 ー

琉球大学教育学部紀要(92): pp.219 - 234 2018年2月

近代西欧文化圏外の視覚表象の構造 ー 美術理論・美術史基礎演習 Vol.4 ー

琉球大学教育学部紀要(91): pp.75 - 89 2017年9月

内間安瑆の芸術 ー その絵画空間を考察する ー

琉球大学教育学部紀要(90): pp.111 - 141 2017年2月

キュビスムと表現主義 ー 美術理論・美術史基礎演習 Vol.3 ー

琉球大学教育学部紀要(89): pp.15 - 50 2016年9月

ルネサンスとカメラ ー 美術理論・美術史基礎演習 Vol.2 ー

琉球大学教育実践センター紀要(23): pp.1 - 28 2016年3月

デッサンから考える、デッサンを考える ー 美術理論・美術史基礎演習 Vol.1 ー

本文

図版

琉球大学教育学部紀要(88): pp.43 - 76 2016年2月

2013年9月23日安次嶺金正展シンポジウムでの発言

沖縄県立博物館・美術館 美術館紀要(5): pp.3 - 13, 96 - 107 2015年3月

内間安瑆の絵画空間

いろんな場所で生まれる美術 2014-2015宜野湾 : pp.32 - 40 2015年3月

版画指導の新しい可能性について

琉球大学教育学部紀要(68): pp.43 - 76 2006年3月

橋の系譜

琉球大学教育学部紀要(58): pp.45 - 68 2001年3月

雪舟筆秋冬山水図を読む

琉球大学教育学部紀要(57): pp.87 - 106 2000年9月

沖縄の現代美術をめぐって。ヤマトンチュからの視点−

アクリラートVol. 29 : pp.5 - 11 1996年10月20日 彦坂尚嘉氏との対談

私的新垣安之輔論

琉球新報 1989年年10月28日

エコールをもとめて

新生美術 第5号  : pp.8 - 10 1986年5月25日

和紙・自然との対話 マリー・ライマン講演会から

沖縄タイムス 1985年年3月3日

bottom of page